逆説的なコピーライティング最重要スキル

逆説的なコピーライティング最重要スキル

逆説的なコピーライティング最重要スキル
読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

あなたは、飛び込み営業というものをしたことがあるでしょうか。

2004年9月。
当時25歳の私は、司法書士事務所を独立開業しました。
開業したものの…マーケティングとかコピーライティングのスキル以前に、その言葉すら理解していませんでした。

当然、顧客は来ません。
身内の紹介で、何件か依頼をこなしたあとは…依頼ゼロです。
1ヶ月の売上は、法律相談料1件5000円だけ、ということもありました。

売上は無くとも、経費は掛かります。
もともと、借金を抱えたまま独立開業したので、返済と経費の支払で、みるみる貯金が減っていきます。
途方にくれて…飛び込み営業をしました

仮にも司法書士であり、「先生」と呼ばれる立場なので、怒鳴りつけられたり、塩をまかれて追い払われる、という事態にはなりませんでした。
ですが…あれから10年以上経ちますが、飛び込み営業した先の、女性事務員の冷たい眼差しは、今もなお忘れることが出来ません。

もともと、セールスが出来ないから
「資格さえ取れれば食っていける…」
と、今の私から見れば、正気を疑いたくなるような考え方ではじめた事務所です。

セールス以前に、もともと人とコミュニケーションを取ることすらできていない状態です。
それでも、貯金はどんどん減っていくばかりです。
同しようもないので飛び込み営業をして…
ナポ◯オン・ヒルの自己啓発プログラムを聴いて、自分を奮い立たせ、もう1件、もう1件…と飛び込んではくじけ…。

ますます対人恐怖症が悪化。
最終的には、コピーライティングで解決しました。
(興味があるなら、詳細はこちらに書いておきましたのでご覧ください)
当時は、それで解決出来たのです。
今は、とても無理ですが、当時は通用したのです。

なぜなら、インターネット黎明期で、ホームページがあるだけで差別化できたのです。
人前でしゃべることは出来なくても、書くことはできます。
とても「コピーライティング」などと呼べるような代物ではなかったとしても…それでも何とかなったのです。

ですが、今は集客とかコピーライティングとか…といった考え方が普及してきたので、通用することはありません。

ちょっと想像してみてください。
WEBページで、縦長の、なが〜い売り込みサイト、きっと見たことがあるのではないでしょうか。
いわゆるランディングページ(LP)と呼ばれるものです。

これも、はじめのうちは、多少コピーが拙くても、マーケティングがずれていても、それでも成果は出ました。

今は縦長のランディングページを見ただけで、うんざりしてしまうのではないでしょうか。

対象となる、顧客や見込み客は
「慣れる」
し、
「飽きる」
のです。
当たり前です。

だからこそ、当時は非常に低いレベルでも通用したのですが、今は通用しないのです。

今の時代こそ、本当に効果のあるマーケティングやコピーライティングを実践しないと、集客できないのです。

では、当時では通用しなかったけれど、今は通用しない決定的な違い。
それは何でしょうか。

それが、今日のタイトル
「逆説的なコピーライティング最重要スキル」
ということになります。

結論としては、
「対人コミュニケーションスキル」
が、コピーライティングにおける最重要スキルです。

本当に成果の出るコピーを書くには、精度の高いリサーチが必要です。
リサーチは、全体の工程の8割を締めるくらい重要なものです。

このリサーチ、と一口にざっくりと言っても、いろいろとリサーチするものはあります。
商品、競合、ターゲットなど様々です。

その中でも何が一番重要なリサーチ対象なのか。

言うまでもありません。顧客です。
実際にお金を出して買うのは、顧客です。
顧客をリサーチしないことには、成果のでるコピーなど書けません。

だからこそ、顧客とコミュニケーションできなければ、コピーは書けないのです。

かつて、対人恐怖症が悪化して、人前で話さなくとも集客するにはどうしたらいいのか…と考えて、コピーライティングを実践する、という選択になりました。

あれから10年以上の時が流れました。
今はプロのコピーライターとして活動するようになりました。

「顧客とコミュニケーションが取れなければコピーは書けない」
などと書く日が来るとは思いもよりませんでした。

今回はコピーライティングというテーマで書きました。
ですが、集客や売上アップにおいて、コミュニケーションは避けて通れません。
あなたは、顧客とどれだけ話をしているでしょうか。
特にオンラインビジネスなどをやっていると、顧客と全く話をしない…という状況に陥ってしまっているのではないでしょうか。

まずは、顧客と話してください。
売るのはその後の話です。

<予告>
6月29日(水)13時30分〜16時30分
東京から書籍を執筆した、あの東証一部上場のコンサルティング会社、船井総研出身のコンサルタントを札幌に招いて出版記念セミナーまた読書会等を企画しています。
参加者にとって最大の価値を得てもらうために、読書会がいいのか、それともセミナーがいいのか。
内容はまだ検討をしています。
ですので、まずは、この日時を空けておいてください。
なお、開催場所はこちら。
 
札幌貸し会議室まなBiz
http://mana-biz.jp/?page_id=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください