アップスタッツ経営研究会の由来

読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

 アップスタッツとは,正確には

 【UP-STATISTICS】(アップ スタティスティックス)
 のことを言います。

 ただ,アップスタティスティックスだと言いにくいので,略して「アップスタッツ」と表現します。

 STATISTICS(スタティスティックス)を辞書で調べると「統計」という意味になります。

 統計とは,
「集団の個々の構成要素の分布を調べ、その集団の属性を数量的に把握すること。また、その結果を数値や図表で表現したもの。」
 要するに,数値を調べたり測定したりすることです。

 一方,
【UP】
 とは単に「上がること」を意味します。
 これらの定義から,「アップスタッツ」とは,「数値を調べた結果,上がっていくこと」を意味します。

 セールスコピーライターとして,経営者の為に売上アップという結果で貢献することをサービスの中枢に据える,と決めたときに,
「アップスタッツ経営」
 という言葉が思い浮かびました。
 売上を調べてグラフにしていくと,右肩上がりで伸びていく様子が,まさに「アップスタッツ経営」と言えます。

 アップスタッツ経営を,一言で表現するならば,

「高い生産を実現する経営」

 ということになります。

 また。
 優れたコピーライター,そしてマーケィング実践者に共通した資質があります。
 それは「テストマーケティングの実践」です。

 すなわち,何かを売り出していく際に,突然多額のコストを掛けて広告宣伝するのではなく,まずは少額でテストマーケティングを実践し,その結果を測定し,改良を続けます。
 一定以上の結果になったときに,初めて大きく売り出していくのです。

 例えば,何かを売り出すにあたり,コピーを作成します。
「キャッチコピーA」
 と
「キャッチコピーB」
 を同時に広告として出します。

 どちらが反応が良かったかを測定します。
 測定したところ,Bの方が反応が高いということが分かったとします。

 ならば,キャッチコピーBをメインに大々的に売り出していく,ということになります。
 このように慎重にテストマーケティングを繰り返して,より良いスタッツにしていくことが,まさに「アップスタッツ」という意味になります。

 これらの意味から,当事務所のサービスを利用した経営者の方が,これまでよりも「アップスタッツ」になることを願って,
「アップスタッツ経営研究会」
 いう名称にしました。

 

トップページをご覧になっていない方は,
まずトップページをご覧ください。