それはもう古いから使えない…って本当?

それはもう古いから使えない…って本当?

読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

マーケティングの権威,フィリップコトラーは,
「新規顧客獲得コストは,リピート客に再販売するコストの5倍掛かる」
といった趣旨のこと述べているそうです。

一方,「コンサルタントのコンサルタント」と称えられる北岡秀紀氏は,
「それは一昔前の話。今は10倍以上掛かってもおかしくない」
とのことでした。

今日は,この
「一昔前の話」
がテーマです。

昔は通用したけれど,今は通用しないもの。
あるいは,昔は通用したけれど,今は何倍ものコストを覚悟すれば通用するもの。
そういったものはたくさんあります。

もちろん,昔はあったけれど,今はもうないものもあれば,昔はあったけれど今はもうないものもたくさんあります。

コンサルタントの神田昌典氏が,アメリカからダイレクトレスポンスマーケティングの考え方を取り入れて日本に紹介しました。
本人はもちろん,その顧客であるたくさんの企業も,このダイレクトレスポンスマーケティングという手法を使って,収益を上げました。

では,今はこのダイレクトレスポンスマーケティングという手法は通用しないのでしょうか。

単純な結論としては、
「通用しないとは言えない」
です。

もちろん、通用します。
ただ、以前のようなまがい物、精度やレベルの低いものは通用しません。
原理原則に基づいた手法を使えば、通用します。

理由は単純です。
これらの手法によって、売り込みをされ続けた人に耐性ができるからです。

ここでは、
「ダイレクトレスポンスマーケティング」という手法で紹介しましたが、これは他のものでも同じです。

例えば、プロダクトローンチ。
メール1本から動画でコンテンツを提供し…一気に販売する手法です。
日本で初めてプロダクトローンチを仕掛けた人は半日で5億円売り上げたそうです。
ですが…それは初めてだから。
今では、プロダクトローンチの手法での売り込みを見ると、
「あ、またコレか」
と思います。

そして、
「あ、またコレか」
と思いつつも、それでも「欲しい」と思って買うか、「無料情報だけでももらっておけばいいか」となるか。
その違いは、ひとえに原理原則に基づいたものかどうか。
以前のようなまがい物、精度やレベルの低いものは通用しないのです。

以前にやったことが通用しない。
これは当然起こりうることなのです。
だからといって、その手法自体がダメになったかといえば、必ずしもその通りであるとは言えません。

顧客が慣れてきて、耐性ができ、目が肥えてくればこそ、まがい物が淘汰され、本物が生き残るだけなのです。

そこで、どのように対応すればいいのでしょうか。
私なりの考えとして、次の通りです。
(1)その手法が流行り廃りに左右されるかどうかを見極める。
例えば、「mixiで稼ぐ方法」などは、結果論ですがすぐに廃れました。
あるいは、一昔前に流行った「情報起業で稼ぐ方法」なども該当するかもしれません。
(2)廃れないものを見極めて、そのスキルを研く
例えば、コピーライティングは、流行り廃りに左右されません。なぜなら、「人間の感情」にアプローチする手法だからです。人間から感情がなくならない限り、本来の原理原則に基づくコピーライティングは廃れることはないでしょう。
このスキルを研く、という考え方です。

最後に。
今日のこの記事の中で、一貫して廃れていないもので、ここには紹介されていないものがあります。
それは、
「タイムマシン商法」
です。

神田昌典氏が、アメリカでダイレクトレスポンスマーケティングを学んで、日本に広めました。
あるいは、別の人が、アメリカでプロダクトローンチを学んで日本で広めました。

この、今の市場よりも先に進んでいるところからノウハウを取り入れて、遅れているところに紹介する。
これをタイムマシン商法などと呼びます。

日本市場を土台にするならば、アメリカの最新手法に日本が追いつかないかぎりは、このやり方は通用するでしょう。
あるいは、日本のほうが進んでいるノウハウがあるならば、それを逆にアメリカに持ち込めばいいのです。
このタイムマシン商法自体は、廃れることはないでしょう。

さらに、そのタイムマシン商法の奥にあるのが、言語の壁。
この世に違う言語があるかぎり、言語学習コンテンツが無くなることはないでしょう。
…競争が激化するでしょうけど。

今日のブログを読んで、少しでも
「参考になるな」
「役に立ちそうだな」
「読んでよかったな」
と思えることがあったら、ぜひあなたの友達にもお役に立ちたいので、Facebook「いいね」や「シェア」にご協力をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください