一石二鳥のテスティモニアル広告

一石二鳥のテスティモニアル広告

読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

テスティモニアル広告とは「証言広告」などと呼ぶこともあります。
テスティモニアル(testimonial)とは、「(人格・資格・価値などの)証明書;推薦状」という意味になります
もう少しざっくばらんに、よく耳にする言葉としては、「お客様の声」です。

テスティモニアルは、広告の万能薬のようなものです。
基本的にどんな広告に載せても役に立ちます。
ところが、このお客様の声を集める時に、一つ障害を抱える場合があります。

当然ですが、
「こちらの言ってほしいこと」
と、
「お客様の言いたいこと」
が一致するかどうかは別の話です。

極端な話、ボロクソに酷評されることもあるわけです。
それが怖くて、お客様の声を集められない人がいるようです。
ではどうすればいいのか。

そのまま率直に、お客様の声を集めればいいだけの話です。
そこで、ネガティブな評価が出た場合には、そこでリサーチすればいいのです。

例えば、
「納期が遅い」
という評価がある、ということは、「そこに改善する余地がある」ということです。
さらに踏み込むなら、他の顧客に、
「納期が遅い、という意見があるのですが、実際のところ遅く感じますか?」
などと聞いてまわり、より高額、より高頻度の顧客からの意見を集約してみることです。
その結果、
「遅い」
という意見ならば、そこに改善する余地があります。

より高額、より高頻度の顧客が、
「特に気にしていない」
ということであれば、わざわざコストを掛けて改善する必要はない、というのも手です。

テスティモニアル広告は、集まればコピーに説得力をもたらすことが出来ます。
集める過程で、商品やサービスの改善点を見つけることもできます。
一石二鳥です。

批判が出てくることを恐れず、
「お客様の声が欲しいのですが…」
とお願いしてみてください。

余談ですが。
私自身は、テスティモニアルによる、不満や改善の代わりに、勉強会を開催することで、
「どんな悩み」「どんな不安」
を抱えているのか、リサーチして、商品開発に役立てています。

リピート続出の勉強会で、ぜひあなたの悩みを教えて下さい。
すでに、一部の方に申込頂いております。満席になる前に、お早めに申込ください。

9月25日 アップスタッツ経営勉強会のご案内(参加費無料)
http://up-stats.com/?p=813

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください