売上が上がらないのは誰のせい?

売上が上がらないのは誰のせい?

読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

ここ最近、何人かの経営者と会って、いろいろと話を聞く機会がありました。
話を聞いて、悩むを抱えていることもあるので、無料で教えられる程度の話をして、簡単な解決策を提供しています。

1ヶ月後に…また別の機会に会った時に、
「先日の件、どうなりましたか?」
と尋ねると
「いや〜忙しくて、まだ何もやっていないんだよね」

今日のタイトル、
「売上が上がらないのは誰のせい?」
としました。
ただ、売上だけに留まりません。
様々な問題を含みます。

表層の問題は、
「経営者は忙しすぎる」
ということです。

忙しくて、コンサルティングなどで解決策を提案して、納得してもらったとしても
「実行」
してもらえないのです。

似非コンサルタントならば、それでも問題ありません。
なぜなら、解決策を提案して、納得してもらって、お金をもらっていますから。
実行しないのは、本人の責任です。
「売上が上がらないのは、あなたのせいです」
となります。

ただ、あくまでも「表層の問題」です。
問題の本質はさらにその奥にあります。

ただ、それについては、人それぞれ。
一番奥の、本当の問題には踏み込みません。

今日の問題。
それは、
「なぜ実行できないのか」

「なぜ忙しすぎるのか」
ということです。

原因は、ただひとつ。
優先順位の問題です。
この売上の問題を解決するか、別の目の前の問題を解決するか。
それを無意識に選択しているのです。

例えが不謹慎ですが、大切な人が危篤や重体になったら、目の前の仕事を放り出して、病院に駆けつけるはずです。
「いざとなれば目の前の仕事は放り出せる」
のです。

つまり、人は全て自分で選択して、行動しているのです。

ダン・ケネディは、客層の悪いことを嘆く人に向かって、
「だれが、あなたに銃を突きつけて『私を顧客にしろ』と脅しているのですか?」
と言っています。
その顧客を選んでいるのは自分自身だ、ということなのです。

同じように、すべての仕事は、自分で選んでいるのです。

まずは、その点を自覚して下さい。
そうしないと、タイムマネジメントなどで、時間管理技術を身につけたら…さらに忙しくなるだけでしょう。

自分で選択していることに気付いてから、改善策を考えて下さい。
例えば、同じ仕事を、より短く終わらせるにはどうしたらいいのか、を考える、などです。

方法論は、いろいろあります。
ただ、どんな方法論も、間違った意図の上に行われたら、望ましい結果には繋がらないのです。

さらに掘り下げます。
なぜ、今忙しいのか。
それは自ら選択しているから、でした。
では、なぜ忙しさを選択しているのでしょうか。

別の言い方をします。
なぜ、コンサルタントのアドバイスを実行できないほどの忙しさを、敢えて選択しているのでしょうか。

ここが、ある意味根深い問題です。

これが「正解」とは限りません。
ただ、当てはまる人はいるでしょう。

理由の一つ。
それは、
「嫌いだから」
でしょう。
例えば、コンサルタントからアドバイスを受けた内容が、気に食わないとします。
けれど、
「社長たるもの、コンサルタントのアドバイスは気に食わなくても、採り入れる姿勢を見せて寛容さをアピールすべし」
などという意図があったとしたら…。

コンサルタントのアドバイスに、
「なるほど」
と口では言います。
そして、
「忙しくて実行できませんでした」
となるのです。

時間を作ってしまうことに不都合があるのです。
時間を作ってしまうと、見向きしたくない何かがそこにあって、でも目を向けざるを得なくなります。
目をそらすことができないならば「忙しくする」ほうを選択しているのです。

「売上が上がらないのは誰のせい?」
適切な解決策を知っていながら、それを実行しないならば…それは誰のせいなのか、それは本人が一番わかっていることでしょう。

 

 

 

【ご案内】
無料で実施できるのは、今回が最後かもしれません。

10月29日開催 アップスタッツ経営勉強会(登別開催)
http://up-stats.com/?p=949

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください