顧客から信頼を獲得するためのすぐに使えるテクニック

顧客から信頼を獲得するためのすぐに使えるテクニック

顧客から信頼を獲得するためのすぐに使えるテクニック
読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

__________________________________
アップスタッツ合同会社のコロナことチャイナウィルス騒動に対する見解はこちら。
参加者が10名を超えるイベントなどは
当面見合わせます。
つまり…平常通りに経済活動を
行っていきます。

また,チャイナウィルスで売上ダウンしている方で,
サポートが必要な方は,個別にお問い合わせください。
通常にの料金体系とは別の価格帯でご提案いたします。
※当面の間,この表示をいたします。
__________________________________

 

こんにちは。
アップスタッツ合同会社の代表,
経営軍師の飯山です。

 

なんか,
ガッツリとテクニックの話を
したい気分です。

 

 

なので,
今日はテクニックの話をします。

 

きっと,
非常に役に立つ人と
まったくもって役に立たない人が
いることでしょう。

 

 

ということで,
あなたにとって
役に立つかどうかは
最後までご覧いただいて
判断するとして。

 

 

今日は,
「顧客の信頼を獲得するテクニック」
の話です。

 

 

はじめに用語の整理をしておきます。

 

 

信用は過去の実績です,
信頼は未来の話です。

 

 

なので,
信用があってはじめて
信頼という未来になります。

 

ではどうすれば
信頼されるのか。

 

 

逆に考えれば分かる話

 

 

…ですよね。

 

信頼されるにはどうしたらいいかを
考えるなら…

 

 

まず,自分が
「これは信頼できんだろ」
と思うのは何かを考えてみると
わかりやすいでしょう。

 

例えば。

 

 

ずっと使ってきた
ポケットWi-Fiですが,
2年契約の更新月。

 

ということで,
いろいろなプランを
比較検討しています。

 

 

まあ…
これがまた大変なんですよね。
どのプランが自分にとって
適しているか適していないか。

 

こういった相談に乗ってくれる人は
基本的にいませんから。

 

 

ちょっと考えれば
わかりますよね。

 

例えば,

 

 

D○COMOに行って,
「オススメのWi-Fiありますか?」
と質問したら…

 

間違いなく,
DOCOM○の
Wi-Fiを勧められるでしょう。

 

 

S○tbankに行って,
「オススメのWi-Fiありますか?」
と質問したら…

 

間違いなく,
S○tbankの
Wi-Fiを勧められるでしょう。

 

当たり前ですね。

 

 

だったら,
多種多様のサービスを扱っている
ところに行けばいいのか。

 

Wi-Fiサービスについて
そういった相談を
受け付けているところが
あるかどうかは知りませんが。

 

とはいえ,
多種多様のサービスを
扱っているところに行って,
信頼以前に信用できるでしょうか。

 

 

 

さらに信用が怪しい話

 

 

どことは言いませんが,
保険とか。

 

「50社以上の
生命保険を扱っていますので
あなたにピッタリのプランを
ご提案いたします」

 

と言われて…
信用できるかどうか。

 

ぶっちゃけ,

 

「どーせ,一番手数料収入が
【おいしい】プランを
勧められるんだろうなぁ」

 

 

と思う人,
きっといるのではないでしょうか。

 

 

特に,保険関係は,
非常に誠実かつ真摯に
セールスしている人と…

 

強引で阿漕で独りよがりな
セールスをしている人との差は
顕著ですからね。

 

 

多くの人が,
人生の中で一度や二度や三度くらいは
後者の人に遭遇しているのでは
ないでしょうか。

 

これが,
顧客からの信用がない状態です。
まあ,過去のろくでもない
実績の成果ですね。

 

 

 

信頼が得られない理由

 

 

それは,
見えないから,
でしょうね。

 

さらにぶっちゃけると,
先程の保険の話。

 

この保険を売ると,
どれだけの手数料がバックされるのか。
それがわからない。

 

 

だから,

「頭の中で補完されてしまう」

のでしょう。
特に,過去の信用がないですからね。

 

 

あるいは…
Wi-Fiとかは特に顕著ですね。

 

「無制限」
とか書いておきながら,
小さな字で

 

「3日で○ギガバイトを超えた場合
速度制限が…」

 

と書いてあるのはお約束。

 

これ,
別の表現をすると,

 

自分にとって都合のいいことは
大きい声で言うけれど,
自分にとって都合の悪いことは
聞こえないくらいの声で言う

 

ことに他ならないでしょう。

 

言うか,
「文字媒体」か
の違いなだけです。

 

 

こんな販売の仕方で,
どうやって信頼を獲得できると
いうのでしょうか。

 

このような売り方をする人が
多いから,…
信頼以前に信用すらされないのです,

 

 

 

信頼を獲得するテクニック

 

 

DOC○MOショップに行って,
「オススメのWi-Fiありますか?」
と質問したら…

 

使用目的・用途,
頻度や量などを詳しく聞かれ…

 

その結果,

 

「お客様の使い方であれば,
弊社ではなく
S○tbankのプランのほうが
適していますよ」

 

と言われたら…
目が点になる以外で,
どのような効果が
あるでしょうか。

 

自社にとって
都合の悪いこと,
かつ,競合他社に
有利なことを言っているわけですね。

 

これ…
すごく信頼できそうな気が
するのではないでしょうか。

 

コレがテクニックです。

 

自社にとってデメリットなことを言う。
非常にシンプルですね。

 

 

なにせ,過去には,
自分に都合のいいことしか言わず
自分に都合の悪いことは言わない
人が多いですから。

 

 

この「逆」を行けば…
過去のそういった
「信頼できない人たち」
とは違う立場になれるのです。

 

すぐに顧客からの
信頼を獲得できるでしょう。

 

…たぶん

簡単ですぐにできる
効果的なテクニックです。

 

 

非常に役に立つでしょう。

 

…おそらく。

 

 

冒頭でお伝えしたとおり,
全く役に立たない人もいますけどね。

 

 

テクニックという諸刃の剣

 

 

個人的に,
テクニックというものは
割と好きではあるのですが。

<参照>

テクニックは諸刃の剣。

 

なぜか。

 

テクニックを使った時に,
相手から

「テクニックを使っている」

と認識されたら,終わりです。

 

 

どうやっても
立て直すことはできません。

 

テクニックを使われると
嫌がられることは
非常に多いからですね。

 

 

ある人は,
セールスをされた時に
そのセールスマンが
テクニックを使ってきたら,
即座に,そのテクニック名を
言い放つようにしている…

 

 

なんて話も聞きました。

 

「はい,ダブルバインド」

「はい,ミラーリング」

「はい,返報性の法則」

 

 

みたいな感じでしょうか。
セールスマンは何も言えなくなって
去っていくそうですが。

 

それくらい,
テクニックを
「テクニックとして使う」
ことは嫌われます。

 

 

リスクが伴うわけですね。

 

 

ということで,
このブログではどちらかと言えば,
テクニックよりも
マインド寄りでお伝えすることが
多いのは,これが原因です。

 

つまり,
ここにテクニックを書いて,
安易にテクニックを繰り出したら,
かえって嫌われるリスクが
高まるのです,

 

だからこそ,
勘所もあわせてしっかり伝えなければ
ならず…

 

でも,
その勘所まで踏み込んで伝えるには
無料の公開ブログで伝えるのは
ハードルが高い。

 

 

だから,
「悪用」
…とまでは言わずとも,
適正からちょっと外れても
リスクが少ない
「マインド」
寄りの記事になってしまうんですよね。

 

結局,今日もこんな感じで
テクニックの記事でありながら,
結局マインドの話にたどり着いてしまいました。

 

 

最後に,私からあなたへの宿題です。

 

 

テクニックを使っても大丈夫な人

 

ってどんな人だと思いますか?
今回は冒頭で

 

 

非常に役に立つ人と
まったくもって役に立たない人が
いることでしょう。

 

 

…とお伝えしましたが,

 

では,前者の
「非常に役に立つ人」
すなわち,
テクニックを使っても
顧客に嫌われない人って
どんな人なのか。

 

 

テクニックを使って
嫌われる人と何が違うのか。

 

考えてみてください。

 

正解不正解はどうでもいいです。
考えてみてください。

 

そして
こちらからコメントしてください。

 

 

しっかり考えて
回答してくださった方が
何名かいらっしゃったら,
動画で解説してプレゼントします。

 

プレゼントですので,
販売ではありません。
無料です。

 

 

売り込みもしません。
ただ,フォームに入力頂くと,
メルマガ読者登録になりますので,
その点だけご了承ください。

 

 

※コメントの際は
必ずメールアドレスを入力してください。
いただいたメールアドレスに
プレゼント動画を送信します。

 

健闘を祈ります。

 

 

あなたがよりアップスタッツな明日になりますように。
アップスタッツ合同会社 経営軍師 飯山陽平

 

 

追伸

 

対面でなら簡単に
お伝えできるんですけどね。

 

 

ということで,
私から対面で指導…
フィードバックを受けるチャンスです。

 

また未定ですが,
来月からオンラインに
移行しようかと考えていますので。

 

対面でアドバイスを受けたい方は,
今回がラストでしょう,きっと。

 

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください,
※音が出ます。ご注意ください。

 

 

 

 

 

アップスタッツ合同会社のブログを
メールで受け取りませんか?

ブログ記事の内容を,メルマガで配信いたします。

 

ブログ記事内容とは別に,
メルマガ読者限定コンテンツの
配信もあります。

 

毎朝午前5時に,ブログ記事をメルマガ配信。

午後5時過ぎに,
メルマガ読者限定記事を配信いたします。

 

特に,ブログでは公開しづらいノウハウなどは,
メルマガ限定でご案内いたします。

 

今すぐ下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス *
お名前 *
全角文字で入力してください。

 

ブログに感想やコメントをいただけませんか?

ブログの感想,意見,あるいは,
こんな記事を読みたい,
「○×について,どう思いますか?」
といった質問やリクエストなどを,
お気軽にお寄せください。

 

コメントの方法は2つ。

1つは,このページ一番下の投稿フォームにコメントしていただくこと。
もうひとつが,コメント投稿フォームに入力いただくこと。

 

いただいたコメントを元に,
今後の記事執筆に反映させていきます。
「よくわからなかった」「おもしろかった」「むずかしかった」「参考になった」
など,一言でもいいので,お気軽にコメント,お待ちしております。
※コメントの際にメールアドレスを記入いただいた方は,
メルマガ登録させていただきます

6 thoughts on “顧客から信頼を獲得するためのすぐに使えるテクニック

  1. ひで

    「テクニックの使い方が巧妙なうえそれ以上に人望がある人」ではないでしょうか。
    人としてそうなりたいです。理想ですが。

    1. up-stats Post author

      ひでさま

      早速,メッセージありがとうございます。
      本文で書いたように,正解不正解はどうでもいいことです。
      それ以上に,実際に自分の頭で考えて,アウトプットすることに
      意義があります。

      ということで,私なりの「考え」は用意してありますので,もうしばらくお待ち下さい。

    1. up-stats Post author

      16日18時半頃に送信済みですが,
      念の為,違うアドレスから送信いたしました。

      迷惑メールボックス内も含め,ご確認いただけましたら幸いです。
      おまたせして申し訳ありません。

    1. up-stats Post author

      よかったっです。
      安心しました。

      聞いてみて何かわからないことがあれば,ご質問いただければ思います。
      お役に立てましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください