広告宣伝で成果を出すための3つの壁+1

広告宣伝で成果を出すための3つの壁+1

広告宣伝で成果を出すための3つの壁+1
読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

__________________________________
アップスタッツ合同会社のチャイナウィルス騒動に対する見解はこちら。
参加者が10名を超えるイベントなどは
当面見合わせます。
つまり…平常通りに経済活動を
行っていきます。

また,チャイナウィルスで売上ダウンしている方で,
サポートが必要な方は,個別にお問い合わせください。
通常にの料金体系とは別の価格帯でご提案いたします。
※当面の間,この表示をいたします。
__________________________________

 

こんにちは。
アップスタッツ合同会社の代表,
経営軍師の飯山です。

 

 

今日は…
広告で成果を出すための
3つの壁+1について
お伝えしていきます。

 

マーケティングや
セールスコピーについて
勉強している方であれば,
広告で成果を出すための3つの壁
についてご存知でしょう。

 

 

今日は…その3つの壁…
の前に立ちはだかる致命的な
問題について
お伝えしていきます。

 

 

当たり前の話しか
しませんが…

 

 

でも,
世の中,
「当たり前」
のものって,
目に見えないし気づかないことが
多いものです。

 

 

ですので,
今日の記事は
「気づいてもらう」
のが目的となります。

 

さて,
あなたはこの3つの壁+1,
何だと思いますか?

 

 

広告の3つの壁

 

 

さて,
広告を出すにあたって,
3つの壁があります。

 

 

いろんな教材,
いろんなセミナー,
いろんな書籍で,
いろんな言われ方をしているので…

 

この通りの表現かどうかは
わかりませんが。

 

 

顧客は広告を…

 

 

1.見ない(読まない)
2.信じない
3.行動しない

 

これが3つの壁です。

 

 

まあ,それはそうでしょう。

 

 

広告が好きで好きでたまらなくて,
広告が出るのを心待ちにしている
人なんて…

 

私みたいな一部の
マーケッターくらいでしょう。

 

顧客は売り込みをされるのは
好きではない。

 

…という当たり前の話ですね。

 

 

だから,
顧客は広告を見ない。

 

 

もし見たとしても…
内容を信じない。

 

 

これまでに広告で
一度や二度や三度や四度や…
と痛い目にあって来た方に
してみたら…

 

どうせ広告なんて…

 

と信じてもらえません。

 

 

そして最後のひときわ厚い壁。

 

 

「お,いいねこれ。
欲しいねぇ…」

 

以上。

 

「欲しい」と思うまでであって
実際に購買行動をとってくれる
わけではありません。

 

…ってことを考えると,
この3つの壁を越えるのは
なかなか大変であり…

 

 

そして,
この3つの壁を越えないと,
広告では成果が出ないのです。

 

 

そして,
この3つの壁を越えるために…
構築された技術体系…
それが
「セールスコピーライティング」
だという説明をしています。

 

 

人の中に存在する特別思考

 

 

ちょっと不謹慎かも
しれませんが,
ご容赦ください。

 

あるところに
100人の人がいます。

 

その100人の中で,
ある伝染病が流行しました。

 

感染率は3%です。

 

そして…
あくまでもここでは
たとえ話なので…

 

この3%は極めて正確に
感染するものとします。

 

 

感染するかどうかについて
どう考えるのか。

 

 

人は多かれ少なかれ
「自分は特別だ」
と考える傾向があります。

 

なので,
「自分は感染することはない」
…と根拠なく思ってしまう
ことがあります。

 

ここまでは…
まあ,許容範囲です。

 

が。

 

本当に困るのはここから。

 

 

もし…
「ここまで重篤化」
してしまったなら…

 

 

このような思考の持ち主は,
きっと,何をやってもうまく行かず
成果を出すこともできないでしょう。

 

 

なぜなら,
物事を客観的に
捉えることができないのですから。

 

一歩間違えると…
知能の欠陥という問題に
なるかもしれません。

 

 

その考えとはなにか。

 

 

「自分は感染することはない」

 

という前提で…

 

「自分とは別に97人,
感染することはない」

 

と思うことです。

 

 

こういう思考の持ち主は…
やばいですね。

 

 

つまり,

 

1.その場に100人いる
2.感染率は3%なので3人感染
 (ここでは確実とします)
3.自分は感染しないと思っている
4.自分以外の97人・・・・・・・・が感染しないと思っている

 

ということですね。

 

 

繰り返します。
その場には100人しかいないのに…

 

足し算すれば,
101人になります。

 

自分のことを,
神か超人か何かとでも
思っているんでしょうかね。

 

 

こういう人は…
「自分は例外思考」
なので…

 

 

自粛中に,外に出て
宴会をして,
クラスターを撒き散らしたり…

 

 

災害現場に,
「自分だけは例外」
という前提で,
興味本位で見に行き…

 

現場を混乱させたり,
二次被害を巻き起こしたり
するわけですね。

 

あとは…

 

台風のときに,
「増水した革を見に行ってくる」
…とか。

 

 

この
自分は例外思考。

 

様々な人にに
災厄と危害を撒き散らすわけですが。

 

 

ここでは
マーケティングの話です。

 

 

話を戻すと,
広告宣伝で考えると,
どうなるのか。

 

広告宣伝の「自分は例外思考」

 

 

 

例えば,
チラシを撒きます。

 

 

まあ,
こんなエゴと自尊心の塊みたいな
人が作った広告なんて…
まずもって,
「反応」
が得られることはないでしょう。

 

では,
「自分は例外思考」
と思う人は,
どう考えるのか。

 

 

「ウチのこの素晴らしい
商品に見向きもしないなんて
顧客は本当にバカでアホだ」

 

 

くらいに思う…
人もいるかもしれませんね。

 

 

まあ,そういう人もいますが。
ここまで行ってしまうと,

「付ける薬はない」

でしょう。

 

 

ただ,
そこまで傲慢不遜な人は
さほど多くはない。

 

何よりも…

「俺様が今更学ぶものなんてない」

などと意識すらせずに
思っていますから,
私のブログを見ることなど
ないでしょう。

 

 

傲慢でもエゴでもなく…
思考の癖として,

 

「自分は例外思考」

 

 

をやらかすと,
どうなるのか。

 

 

チラシを撒いて反応が
なかったときに…

 

「オファーがいまいちだったかな」

 

とか

 

「競合他社をもっと調査しないと」

あるいは…

 

「ちょっと価格が高かったかも…」

などと思ってしまうのです。

 

 

これ,
おかしいのはわかりますよね。

 

 

すべて,
顧客が,

 

「チラシを見て比較検討した結果,
買わなないと判断した」

 

…という前提に立っているのです。

 

 

先程の3つの壁。

 

1つ目が

顧客は広告を見ない/読まない

でした。

もう一度繰り返します。

顧客は広告を見ない/読まない

です。

 

 

なぜ,
「見ている前提」
で物事を考えるのか。

 

ここに,
思考の歪みがあります。

 

常に自分は例外思考

 

がもたらした,

「顧客は広告を見ない/読まない
の壁が見えない」

という症状です。

 

 

そして…
これが+1の部分です。

 

この,
「自分は例外思考」
を脱しない限り,
どんなマーケティング施策も
うまくいくことはない…

 

 

だけでなく,
人生全般において,
あまりいい状態には
ならないでしょう。

 

「自分は例外思考」の脱却法

 

 

まず…前提として必要なのは,
「なんとかしたい」
と思うことです。

 

世の中,
自分がまずい状態だと
気づいても,

「いや,このままの自分でいいんだ」

と固執する人がいます。
こうなると…手のつけようがありません。

 

逆に…

「なんとかしたい」

と思えるなら,
すばらしいことです。

 

そんな方はどうしたらいいのか。
非常にシンプルです。

 

 

…私が「シンプル」というときは
たいてい,ろくでもないですね。

 

そう,
とってもシンプル。

 

 

思考習慣というものは
習慣化するまでに
最低180日掛かる…
と言われています。

 

 

ですので,
最低180日間以上,
誰からからフィードバックを
受け続けることです。

 

 

 

なので…
180日以上,
こまめに面倒を見て
フィードバックをしてくれる
人を探してみてください。

 

 

あなたがよりアップスタッツな明日になりますように。
アップスタッツ合同会社 飯山陽平

 

追伸

 

 

もちろん,私は
基本的にクライアントには
365日チャットサポートを
提案していますので。

 

 

チャットが来る限りにおいては
フィードバックしています。

 

…が。
思考習慣の改善・アップデート
ということで言うなら,
「仲間と一緒に」
頑張るほうがいいでしょう。

 

なので,
すでにコミュニティがすでに
形成されて,
仲間と一緒に頑張っていく
ほうがいい…

 

 

という方は,
私の師匠を紹介します。

 

本気で思考習慣を改善して
良い習慣を身に着け,
コツコツと頑張っていけるように
なりたい方は,
まずは師匠の無料メルマガを登録してください。

 

 

 

アップスタッツ合同会社のブログを
メールで受け取りませんか?

ブログ記事の内容を,メルマガで配信いたします。

 

ブログ記事内容とは別に,メルマガ読者限定コンテンツの
配信もあります。

 

特に,ブログでは公開しづらいノウハウなどは,
メルマガ限定でご案内いたします。

 

今すぐ下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス *
お名前 *
全角文字で入力してください。

 

ブログに感想やコメントをいただけませんか?

ブログの感想,意見,あるいは,
こんな記事を読みたい,
「○×について,どう思いますか?」
といった質問やリクエストなどを,
お気軽にお寄せください。

 

コメントの方法は2つ。

1つは,このページ一番下の投稿フォームにコメントしていただくこと。
もうひとつが,コメント投稿フォームに入力いただくこと。

 

いただいたコメントを元に,
今後の記事執筆に反映させていきます。
「よくわからなかった」「おもしろかった」「むずかしかった」「参考になった」
など,一言でもいいので,お気軽にコメント,お待ちしております。
※コメントの際にメールアドレスを記入いただいた方は,
メルマガ登録させていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください