完璧主義で行動できずに自分を責める人が一歩踏み出す方法

完璧主義で行動できずに自分を責める人が一歩踏み出す方法

完璧主義で行動できずに自分を責める人が一歩踏み出す方法
読んで役に立つ,学びがあったと思った方は「いいね」やシェアをお願いします。

こんにちは。
札幌市近郊を中心に活動する集客代行業,
アップスタッツ経営研究会,
セールスコピーライターの飯山です。

 

 

私は,体調が悪い時によくルームマシンで
ジョギングをします。
その際,目の前にパソコンを置いて,
Youtubeを眺めながら,
のんびり体を動かしています。

 

先日,
Youtubeで
音楽を聴きながら
体を動かしていたときのことです。

 

 

その音楽は,
テレビで放映された
あるストーリーの
エンディング曲です。

 

ストーリーと
うまく絡み合って
非常に感動的な
曲と歌詞になっています。

 

その曲に対して
書かれたコメントを見て,
思わず(眠っていないにも関わらず)
目が醒めるかのような
コメントがありました。

 

以下,作品名を伏せてして
紹介します。

 

 

「この作品を見た人はいい方へ人生が変わる。

実際俺はこの作品見てから人生が変わった

不登校やめてちゃんと働いていられるのも

この作品のおかげ

何が言いたいかというと・・・

この作品は最高である」

 

このコメントを見て,
「憧憬の念」
を抱きました。

 

なぜなら…
コンテンツだけで

人を感動させるだけに留まらず,
人生を変えることすら
できているからです。

 

 

あくまでも,私の推測です。

 

不登校…ということは…
引きこもりのニート状態に
なっていたでしょう。

 

そんな方が,
一歩踏み出して,
部屋から出る。

 

これだけで想像を絶する
高い高いハードルです。

 

私も経験したことがあるので
よくわかります。

 

30歳の時に…
15年間,夢に見ていた目標を
達成することができました。

 

…そして,燃え尽き症候群になりました。
その後,病気をしたり怪我と重なって
引きこもり状態になったのです。

 

さほど深刻なものではなく,
数週間で復帰はしたものの…

 

それでも,
引きこもり状態から
脱して外に一歩踏み出す時の
ハードルの高さ…
外へ至る扉の重さは
今もよく覚えています。

 

だからこそ,
このコメント主が,
どれだけ重たい扉を開けて,
どれだけ勇気を振り絞って外に出て…

 

 

様々な困難に直面して立ち向かって,
「働き出す」
ことができるようになったのか。

 

 

彼が乗り越えた困難は…
アクション映画の主人公など
比較にならないくらいの
大冒険だったということが,
私にはよくわかります。

 

それくらいの困難を
どうして彼は乗り越えられたのか。

 

 

それが,
このコンテンツである作品だ…
彼はそのようにコメントしています。

 

絶望的な人生を好転させる,
最初にして最大の一歩を
踏み出す勇気を与える,

 

それができるということは,
本当に素晴らしいことです。

 

個人的には
「分野違い」
とはわかっていても,
それでも憧憬せずには
いられません。

 

 

昨日のブログで,

 

「行動することに対して
ハードルが高いことは
確かです。

それでも,
今までとは違う何かを
1つでもやってみることが
成果に繋がる道です」

 

と書きました。

 

<参照>
永久に成果が出ない人,いずれ成果を出せる可能性のある人の違い

 

おそらく…
本当に落ち込んでいて,
本当に行き詰まっていて,
人に助けを求める事すらできない方だったら…

 

きっと,このように思うのではないでしょうか。

 

「行動すればいいのはわかっている。
それでもどうしてもできないから苦しんでいるのに…」

 

行動できないから苦しんでいる。
そんな人に,
「それでもいいから行動すべし」
というのは,
まったくもって解決策とは
言えません。

 

私も,
ずっとずっと行動できなくて,
苦しんできました。

 

 

周りの人たちが
成果を出し続けている中で,
自分は何一つ行動できず,
何一つ成果を出せず,
自分を責めてきました。

 

 

そんな状態の人に,
「行動すればいいんだよ」
と言っても,
さらに苦しみを与えるだけの
アドバイスでしかありません。

 

だから…
今日お伝えしたいことは
たった一つです。

 

成果に向かって行動できないならば…
やらなければならない,
そうわかっていても,
それができなくて苦しんでいるならば…

 

あなたの人生を変えるような,
映画やドラマ,アニメなどを見てください。

小説や漫画を読んでください。

 

ネットで検索すれば,
「何を見たらいいのか」
は見つかります。

 

 

例えば,
「感動する映画」
「勇気をもらえるドラマ」
「涙腺決壊する漫画」
などで検索すればいいのです。

 

 

そして…
それらをたっぷりと
味わってみてください。

 

本当に優れた映画等は…
違う人生を体験することができます。

 

自分は自分です。
今生きている限り,
他の人の人生を送ることはできません。

 

ですが…
本当に優れた映画や書籍などは,
感情移入して,
その登場人物の人生を
「実感」することができます。

 

そして…
その登場人物に憑依した状態から,
抜け出して,
現実の自分に戻った時に…

 

少しでも
登場人物のような人生に
近付こうと,
一歩踏み出そうと思えたならば…
本当に素晴らしいことです。

 

そう思えないならば,
もっと映画やドラマなどを
味わえばいいのです。

 

周りは,
きっと現実逃避だ…
などと思うかもしれません。

 

それでいいのです。

 

いつか,
そこから抜け出して
一歩踏み出す勇気が持てる日まで,
映画やドラマなどの力を借りることの
何が悪いのでしょうか。

 

自分を責めてしまうような
完璧主義者の人は,
ビジネスで成果を出そうと
必死でもがいてもがいて苦しんで…

 

自己啓発に手を出したり,
他のビジネス書を読み始めたり
セミナーに出たりします。

 

 

私も,
それでいくら使ったことでしょうか。
どれだけ時間を掛けたでしょうか。

 

ですが,
そこで必要なのは,
さらなる自己啓発や
ビジネス書,セミナーではありません。

 

映画や本などで
「ストーリー」
に触れることです。

 

そのストーリーの力を借りて,
いつの日か
一歩踏み出せばいいのです。

 

 

最後に。

 

先ほどのコメントに対して,
別の方が返信という形で
コメントしていました。

 

これを紹介して,
今日の記事の締めとします。

 

 

「変わらんよ、この作品を見ても、
人生は変わらない。
そういう誤魔化しは嫌いだ。

 

不登校をやめて働いているのは
この作品のお陰ではない、
君自身がしっかり君の道を歩き始めただけだ。

 

この作品に力があったのではなく、
君自身にその力があっただけの話だ。」

 

今日のテーマに関連する記事はこちらです。
あわせてご覧ください。

 

売上を上げるための「感情の動かし方」の基本

あなたのためだけの,モチベーション回復・アップ法

不完全燃焼が生み出す行動への原動力

コンテンツマーケティングの究極の理想

永久に成果が出ない人,いずれ成果を出せる可能性のある人の違い

 

あなたがよりアップスタッツな明日になりますように。
セールスコピーライター 飯山陽平

 

追伸
一歩踏み出して
行動しようと思っても…
そもそも何をしたらいいのか
わからないから動けない。

 

それで苦しんでいるならば,
私が道標になります。
今すぐこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください